初めましてナヴェと申します。
横浜生まれ横浜育ち、みそじも後半のおっさんです。
PS3、PSP、wii、DSを所有。

最近はすっかりモンハンブログ化している海外ゲーム好きなオサーンのブログ。
Powered By 画RSS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 跳んで跳ねて楽しんだ〜アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団:プレイ日記06 クリア後レビュー | main | 男と女のスパイゲーム〜inFAMOUS:攻略というほどでもない日記33 >>
ニンゲンの敵はニンゲン〜真・女神転生 STARANGE JURNEY プレイ日記06
JUGEMテーマ:ゲーム


気付けばレベルも50を過ぎ仲魔のバリエーションも増えボスでも苦戦はするものの全滅することは減ってきたシュバルツバース観測隊のナヴェさん。
日々ダンジョンにもぐってはマップを埋めていくことに喜びを感じていました。

しかしアスラさん以来の強敵に遭遇!
その名もジャック(種族:人間)。

ジャックと言ってもフロストでもランタンでもましてやバウアーでもありません。
私設軍のボスでやっかいなアイテム集めを要求してきた謎の男。
色々あって結局敵対関係に。
とりあえずボスとの初戦は全滅覚悟で全属性の魔法を使えるようなメンツで挑むのがマイルール。
弱点探しとボスの攻撃パターンを知るのが目的ですので今回のジャック戦もそのように対応。
 
敵はボスのジャックとピシャーチャ×2。
なんとなく勝てそうな予感。
ここにくるまでジャック部隊の兵士とも何度か戦ってますが多少HPが多いくらいでたいしたことなかったしね。

対してこちらの仲魔はサラスバティ、ビャッコ、オベロンでアギ系ブフ系ジオ系ガル系を使える状態。





しかもオベロンはラスタなんとかというタルカジャ+ラクカジャ+スクカジャが一度でかけられる超便利魔法を所持(消費MP50だがどうせ三回までしかかけないから問題なし)している『オレ様無敵だぜへへ〜ん♪』なパーティー。

まずは一戦目(この時点で全滅したことがばれますね…エへ♪)。
サラスバティのマハラギダインであっさりとピシャーチャを倒し(アギ系弱点みたい)ジャックとの勝負。
しかし属性魔法には弱点が見当たらず物理攻撃も銃攻撃も通常ダメージのみ。
しいて言えばタルカジャがきいているのかナヴェさんの直接攻撃のダメージが150前後。

とりあえずナヴェさんは直接攻撃、仲魔は魔法攻撃の方がダメージあるので魔法で攻撃。
しかしジャックの連続攻撃が結構きつい。
一度に150〜200ぐらいのダメージがあるうえに、それをランダムに2〜3回ぐらいくらいます。
攻撃対象がバラけてくれればメディラマでしのげるのですが集中してしまうとアウト。
まずオベロンが『年寄りには厳しいわい』と言ったかどうかわかりませんが死亡。
続いてサラスバティも『あたくし痛いのはキライですのよ』とこれまた死亡。
生き残ったのは打ちのめされたノラネコのようになってしまったビャッコのみ。
あわててサブの仲魔を呼び出すものの時既に遅し…。
ナヴェさんが集中攻撃を浴びてしまい気付いた時にはタイトル画面が…。

気をとりなおして2戦目。
初戦で学んだのはジャックには弱点がなさそうだ、ってことと連続攻撃がくるので回復を重視すること。
とはいえパーティーは変更せずに挑戦。
ダメージは結構与えられてたのでね。

しかし結果はまたも全滅。
今回は結構いいところまでいったものの(あくまで個人的な感触なんで実際はわかりませんが)ジャックの回復力がハンパなく(一度に300〜1000以上回復してくる!)回復に必死になり攻撃できないナヴェさんとサラスバティと地味にダメージを与えるビャッコとオベロンではじり貧になりナヴェさんに集中攻撃浴びてタイトル画面…。

このあとも仲魔をいれかえてみたり攻撃アイテムを大量投入してみたりしたものの全滅→タイトル画面の無限ループ状態。

しかし何戦目かは忘れましたが雨の日に捨てられた子猫のように弱っていたビャッコがジャックの連続攻撃をブロックしていたことに気付き(遅い)、もしやと思いビャッコのステータスをチェックしてみたところ銃無効の項目が!
つまりジャックの連続攻撃は銃属性だから銃に強い仲魔を集めればきっと勝てる!ってことに気づいたわけです。
この時ナヴェさんの頭の上の暗雲は晴れて青空が見えてきたのです。(そんなおおげさな、と思うかも知れませんがメガテンってはまり状態から抜け出した瞬間がたまらないゲームなんですよね)


さっそく次のチャレンジに向けて作戦会議。

ナヴェさん
『ビャッコくん、キミはどうやら銃耐性があるようだから一軍として頑張ってもらうよ』
ビャッコ
『ニャー』
ナヴェ
『オベロンじいも引き続き一軍だ。ラスタの効果は大きい。今後も頼む』
オベロン
『わしはそろそろ引退したいんじゃがな。孫とも遊びたいし…。』
ナヴェ
『いやオベロンじいに攻撃力と防御力を上げてもらわないと回復に追われて攻撃ができない。
今回は回復を減らして攻撃の手数を増やす作戦だ。じい抜きには作戦成功はあり得ない。』
オベロン
『わかったわい。』
ナヴェ
『さてサラスバティ姐さんには今回は休んでもらおう。』
サラスバティ
『アタシのメディラマはお払い箱かぇ?冷たい男だねぇアンタは』
ナヴェ
『いや今回はどうしても攻撃力が必要なんだ。姐さんにはまた力を借りることも多いだろう、それまでエステでも行って力を蓄えてほしい。
さて攻撃の要となるメンバーを選びたいんだが誰か適任者はいないものか?』
仲魔たち
『ザワザワ』『お前行けよ!』『無理だよ!俺の弱点銃だもん!』
そこに一人の悪魔が…。
『オレでよければ力を貸してやろうか?ただしギャラ次第だがな。』
ナヴェさん
『お前は!ドッペルゲンガー!』


はい、以上メガテン小芝居はここら辺にしましてね。
気づいたんですよ。
銃反射属性の悪魔がいたことに。
ドッペルゲンガーは毎回メガテンシリーズではおなじみのやっかいな悪魔ですから作れるようになったときにすぐ作って登録しておいたんですよ。
そして敵として出てきたときは全部会話で戦闘回避というせこい手を使っていたんですねぇ。

でもレベル25そこそこのドッペルゲンガーでレベル50前後の敵と戦えるのか?という不安はありましたよ。正直言ってね。

でもチャレンジしてみました。

いつものようにオベロンのラスタなんちゃらでステータスアップしつつマハラギストーンや銃の火炎攻撃からのCOOPでピシャーチャを撃破!
続いてステータスがあがったところでひたすら物理攻撃。
ジャックの魔法でドッペルゲンガーが瀕死になるも宝玉で回復。(今回は回復役の悪魔を入れずにチャレンジ。これって結構勇気いるよね。)
そしてジャックの連続攻撃!
なんと狙い通りにドッペルゲンガーがすべて反射。
ジャックに550ダメージ!
いける!今度こそいける!
オベロンとビャッコもわずかながら加勢しジャックの体力を確実に削っていく。
そして…。

何度目かのジャックの連続攻撃をドッペルゲンガーがすべて跳ね返したその時…。
ジャックはその膝を大地につけたのです。
勝った…!

やっと勝った!

本当にうれしかった。
苦労して苦労して何度もゲームオーバーになりながら活路を見出し、実践し、その結果の勝利。
こんなゲームは久しぶりです。
それこそスーファミ時代の真メガテン以来かもしれないなぁ。
小さなダメージを重ねてやっとの思いでぼろぼろになりながら敵を倒す。

これこそロールプレイング。
これこそゲームでしか出来ない体験なんですよね。
いや〜久しぶりに燃えましたよ。
メガテン最高だ!

※ちなみに写真は全部ボスを倒した後に撮影したのでレベル上がってます。
web拍手
Posted by : ナヴェさん | 真・女神転生 STARANGE JURNEY | 22:07 | comments(0) | -| - |
スポンサーサイト
web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | 22:07 | - | -| - |
コメント









TOP