初めましてナヴェと申します。
横浜生まれ横浜育ち、みそじも後半のおっさんです。
PS3、PSP、wii、DSを所有。

最近はすっかりモンハンブログ化している海外ゲーム好きなオサーンのブログ。
Powered By 画RSS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 男と女のスパイゲーム〜inFAMOUS:攻略というほどでもない日記33 | main | 橋の上で大きな猿に出会った〜inFAMOUS:攻略というほどでもない日記35 >>
センチメンタルコールさん〜inFAMOUS:攻略というほどでもない日記34
JUGEMテーマ:ゲーム

inFAMOUS海外版のテキト〜翻訳&攻略らしきものです。
日本版の発売までには終わらせたいな〜と思いつつがんばっていきます。


チャプター28:The Ray Sphere (レイスフィア)


初めてゴーレムとたたかった塔の裏の中庭がジークとの待ち合わせ場所。


コール:
お前が来ないんじゃないかとヒヤヒヤしたぜ。

ジーク:
で、どうするんだ?

コール:
レイスフィアはこの塔のてっぺんにある。
それさえ手に入れればこんな街ともおさらばだ。
お前もいってくれるか?


ジーク:
この一番上にあるのか?
なんてこった。
まあいい、行こうぜ。

コール:
まずはこのゴミの塔をエレベーターの上まで登らないとな。
お前を上にあげる方法も探してくるさ。

さあクレイジークライマーのスタートです。

 
ここからは基本的にコールがエレベーターの上までのぼってエレベーターを動かしてジークがエレベーターで上がってくるっていうのを繰り返していく感じになります。


まずは適当にのぼって行きましょう。


ジーク:
コール、あのローターを撃て、そうすりゃエレベーターも気合いがはいって動き出すさ。


こいつを撃つとエレベーターが再起動してジークがあがって来れます。
同時に敵もせめて来るので全滅させましょう。

ジーク:
しかしどうやってここにレイスフィアがあるってわかったんだ?

コール:
ジョンに会ってな。この上にあるって聞いたんだよ。

ジーク:
ジョン?ジョンってモヤのダンナのジョンか?

コール:
ジョンはモヤのダンナなんかじゃないとさ。
モヤなんて名前聞いたこともないそうだ。

ジーク:
いったいどういうことなんだ?

コール:
どちらかがウソをついてるんだろうな。
どっちかはわからないが…。

ジーク:
だからFBIなんか信用すんなって言ったろ、コール!
今でもレイスフィアをFBIに渡すつもりなのか?

コール:
ジョンはレイスフィアの破壊を手伝ってほしいと言ってきた。
壊しちまうのも悪くないよな。

ジーク:
破壊するって?
賭けてもいいが、きっとやつはレイスフィアを手に入れて悪用する気さ、それか誰かに高値で売りさばくつもりだろ。

第二のエレベーターを動かしましょう。

ジーク:
早く登ってくれ。時間がないぞ、コール。

第二エレベーターのすぐそばの看板を足がかりに登っていきます。


塔の外壁の鉄骨の出っ張りを滑空しながらうまく回り込むように進みます。


またまたダストマン登場。

ここの上に登ると第三のエレベーターと第二エレベーターのローターがあるんですがまずは全員片付けましょう。
そしてローターを起動してジークを呼びます。

第三のエレベーターは結構な高さがあります。
エレベーター左奥の方の看板から登っていきましょう。


この先鉄骨を飛び移りながら進みますよ。

落ちないように注意。

この足場まで来たら奥の鉄骨へ。


さらに距離がありますが滑空でおくの鉄骨へ。


そこまでいくと上の方から攻撃されますが戦いにくいので無視してさらに奥の鉄骨へ。

ここまでこれたら後ろに見えている看板につかまりさらに上へ。


あとは目の前の看板を飛び移りながら上のフロアへあがれます。


フロアの敵を全滅させます。

ジーク:
そんなに時間に余裕ないぞ。早くオレを上にあげてくれ。

うるさいよ、ジークくん。
もうあの大失敗を忘れてしまったのでしょうか?

第三のエレベーターを起動したら次へ。

ジーク:
わかってるとは思うが、あんな大失敗がなかったらってホントに思ってるよ。
でもオレは昔のだめなヤツとは違うんだ。
必要とされればどこへでも行くさ、呼ばれればな。

コール:
でも、何も変わらないんじゃないかって気もするんだがな。

ジーク:
そんなことはないさ。
レイスフィアさえ手に入れればだれも俺たちのことをブーイングしたりしない。
オレの言葉を信じろよ。

コール:
お前の言葉が正しいことを祈るよ。
心からな。


最後のエレベーターを起動させます。
第三エレベーターの奥の看板から登っていきましょう。


ここはそんなに大変じゃないですね。
鉄骨沿いにのぼります。

やっと屋上に到着。

エレベーターを起動させます。

ジーク:
どこにレイスフィアがあるんだ?
ひとっこひとりいないぜ。

そしていよいよアルデン登場。


アルデン:
おまえら知ってるぞ!
おれを実験動物のようにベッドにしばりつけて感電させようとしたやつらだな!
オレ様の力を見せてやる。
お前らブタどもにな!

さあアルデンとの決戦の時です!

まずはザコ戦。

コール:
ジーク下がってるんだ。
オレが合図したらレイスフィアに向かって走れ。
アルデンはオレが引きつける。

ジーク:
わかった。まかせとけ。

ザコを三匹ばかりたおします。

アルデン:
お前らが何しにきたのか、何を狙ってるのかわかってるんだ。
だが誰にもレイスフィアは渡さん!

またまたザコと戦います。

コール:
この地獄のような街から抜け出すにはお前を倒すしかないんだ、アルデン。
お前にもオレは止められないぞ!

アルデン:
愚かだな、真実が見えていないんだ。
だがもうすぐいやでも知ることになるさ。

ザコを片付けたらジークに合図します。

コール:
ジーク!行け!

ジークがレイスフィアに取りかかっている間にこちらはゴーレムと対決。




コール:
ゴミのロボットを作る材料には事欠かないようだな。

アルデン:
このタワーの完成とともに私は生まれ変わるのだ。
この老いた体を捨ててサイボーグの体にな。
その時こそ我が願いは達成されよう。
全ての力を手に入れるのだ。

ジーク:
くそったれ、ちっとも外れやしねぇ。
もうちょっと時間をくれ。

なんとかゴーレムを倒すとどこかからヘリがやってきます。

カシールの登場です。

アルデン:
カシール!
きさまはオレ様の少年時代を、そして家をうばった!
よくもおめおめとやって来れたもんだな!

カシール:
愚かだ、あいかわらずだなアルデン。
能力の無駄遣いだったな。
父上も残念だろうよ。

アルデン:
おやじのことに触れるんじゃない!
お前を殺す!
バラバラに引き裂いてやるぞ!

コール:
ジーク、一度逃げるんだ。いそげ。

コール:
ジークはレイスフィアをなんとか取り外したがアルデンとカシールに挟まれてしまった。

すぐにでも逃げ出すべきだったんだがジークは動けなくなってしまった。
おびえていたんだ。
ジークの心境がわかるだろうか、恐怖をこえた先で彼は自分の手の中に夢を叶える力を手にしていることに気づいてしまったんだ。

スーパーマンになれる力がその手の中にある。
バカなことにジークは破滅を選んでしまった。

自分の力のために多くの人々を犠牲にしたんだ。
そして…。
しかし何も変わってはいなかった。
何も起きなかったんだ。

最初にその状況を把握したのはカシールだった。
悪とは何か教えるためにレイスフィアを要求したんだ。
ジークがカシールにレイスフィアを渡せば、ジークの望む力は与えられるだろう。

親友だった男はちらりとオレを見ると二度目のミスをおかした。

アルデンはレイスフィアを失い激怒。
塔は激しく揺れ、崩れ始めた。
オレはあまりのことに驚きとまどってしまった、そして激しい衝撃を感じた…。



なんとジークがカシール側につくという急展開。
コールに憧れ、自分も役に立ちたいという思いと力を得てヒーローになりたいという思いがねじれてしまったんでしょうか。
非常に残念なことに。

ジョン:
オレは信用できる人間を選べと言ったはずだぞ。
あと93秒だ。

コール:
ジークは最高の親友だったんだ。兄弟みたいなもんだった。
ヤツはおれが唯一信じられる友達なんだ。いや、友達だったんだ。

ジョン:
まあ終わったことは仕方ない。
今やアルデンは殺戮の限りをつくし、カシールはレイスフィアを手に入れた。
どちらも解決しなくてはならない。
あと63秒。

コール:
もう問題ないようにも思えるがな。
やつら2人にやりあわせてる間にさっと横から入ってレイスフィアをひったくってやったらどうだ。

ジョン:
どちらか一方がレイスフィアを起動して大爆発を引き起こしたらどうするんだ?
さらにモヤとかいうヤツもねらっているんだろう?それはお前しか知らないんだ。
他に方法はない。
あと38秒。

コール:
どうやらお前は本気でレイスフィアを破壊しようとしているようだな。
おれはとてもそんな気分じゃないんだがな。

ジョン:
オレを信じろ。
アルデンは歴史地区に向かっている。
ヤツに追いついて叩きのめすんだ。
そしてカシールをさがせ。
オレも近くにいるから。

大事な友達の裏切りで傷心モードのコールくん。
ちょっとやる気なくなってるようですがジョンのいう通り2人を止めないといけませんね。
次回はアルデンとの最終決戦かな?

あ〜翻訳疲れた。テキト〜翻訳とはいえ長かったな〜このチャプター。


web拍手
Posted by : ナヴェさん | inFAMOUS(海外版):テキト〜翻訳シリーズその2 | 13:17 | comments(0) | -| - |
スポンサーサイト
web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | 13:17 | - | -| - |
コメント









TOP