初めましてナヴェと申します。
横浜生まれ横浜育ち、みそじも後半のおっさんです。
PS3、PSP、wii、DSを所有。

最近はすっかりモンハンブログ化している海外ゲーム好きなオサーンのブログ。
Powered By 画RSS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 痴情のもつれによる殺人ってありがち〜The Saboteur 攻略というほどでもない日記42〜 | main | 人面犬ってどこいった?〜The Saboteur 攻略というほどでもない日記44〜 >>
ウルフマン、改めリキシマン〜The Saboteur 攻略というほどでもない日記43〜
JUGEMテーマ:ゲーム

The Saboteurのテキト〜な翻訳をやっています。
ちなみにPS3海外アジア版ソフト使用。
難易度はイージーです。
翻訳のまちがいなどありましたら教えて頂けるとありがたいです。
また、マイペースに翻訳作業していますのでかなりのんびり更新していくのでご了承ください。


さて前回からの続きのようなミッションです。
ミンゴから手紙がきますよ。

〜ACT-2:Mission-13 The Hunter Of The Hunted〜


ミンゴ:
キミに届けてもらったロケットを開けたんだ。
中には大変な秘密が隠されていたよ。
今すぐ行動しないとたいへんなことになる。
ミンゴより

だそうです。
ミンゴのもとへ戻りましょう。
というかこの時点で大半の人はさっきのミッションが終わったばかりでミンゴの目の前にいると思いますがね。
 
 

ミンゴ:
彼が死の天使とならんことを願うよ。
背筋のぞっとする話だな。ハハハ。

ショーン:
いいかげんにしてくれ、ミンゴ。
あんたの無駄話につきあうために来たんじゃないぜ。

ミンゴ:
いいだろう。
フランシーヌのロケットの中身を見たんだ。
ほら、キミが取り返してくれたやつだよ…。

ショーン:
わかってる。

ミンゴ:
何を見つけたと思う?

ショーン:
あんたの写真でもはいってたか?

ミンゴ:
違う!
青い目をした悪魔だ!
フランシーヌと寝ていたドイツ兵さ!

ショーン:
前にもあんたに言ったよな。
男女の問題は知ったこっちゃないって。

ミンゴ:
ああ、そうだな。でもこの男はおれたち全員に関係があるぞ。
ヤツは工業部門の警備主任だ。
もしヤツに捕まりでもしたら、復讐に何をされるかわかったもんじゃない。

ショーン:
愛人を殺せばそれなりのリスクは背負うもんだ。

ミンゴ:
彼女はオレの女だ!ヤツのものじゃない!

ショーン:
だまれ!彼女はナチのスパイだったんだよ!ミンゴ!
いい加減に目を覚ますんだ!

ミンゴ:
そのナチのリーダーは『ウルフ』と呼ばれている。
ヤツはレジスタンスをスポーツ感覚で狩ってやがるんだ。
ヤツがこの隠れ家を見つけ、俺たち全員を絞首刑にするのも時間の問題ってことさ!

ショーン:
いそいでヤツを見つけないと。

ミンゴ:
すでに腕利きのウルフ討伐隊を派遣してある。
いまから行けば、すぐ追いつけるだろう。

〜ACT-2:Mission-13 The Hunter Of The Hunted〜


さあウルフを倒すためにレジスタンスに合流しましょう。
指揮官に近づくと突然の爆発が。

早速戦闘が始まったようです。

ショーン:
状況は?

ビクター:
ヤツを包囲したんだが、スナイパーがいてヤツに近づけないんだ。

激しい戦闘が続いています。
加勢してスナイパーを倒しましょう。


ショーン:
くそっ!
ミンゴのヤツ、ナチス親衛隊がいるなんて言ってなかったじゃないか!

レジスタンス:
数が多い、長くは持ちこたえられないぞ。

入り口付近の敵を片付けたら中庭へ。


レジスタンス:
長くはくいとめられそうにない!

目的のウルフは一番奥まったところで機銃とスナイパーに守られています。


でもある程度近づいて狙撃すれば簡単。



これでこの地区にも色が戻りますね。
あとは逃げ切ればクリア。


さて次回もサイドミッションを片付けます。
今度は中国人の医者が出てきますね。
web拍手
Posted by : ナヴェさん | The Saboteur(海外版):テキト〜翻訳シリーズその3 | 13:04 | comments(0) | -| - |
スポンサーサイト
web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | 13:04 | - | -| - |
コメント









TOP