初めましてナヴェと申します。
横浜生まれ横浜育ち、みそじも後半のおっさんです。
PS3、PSP、wii、DSを所有。

最近はすっかりモンハンブログ化している海外ゲーム好きなオサーンのブログ。
Powered By 画RSS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 壊れかけのレディオ〜The Saboteur 攻略というほどでもない日記51〜 | main | パリ一周ツアー〜The Saboteur 攻略というほどでもない日記53〜 >>
特攻野郎Aチームがもう一度見たくなってきた〜The Saboteur 攻略というほどでもない日記52〜
JUGEMテーマ:ゲーム

The Saboteurのテキト〜な翻訳をやっています。
ちなみにPS3海外アジア版ソフト使用。
難易度はイージーです。
翻訳のまちがいなどありましたら教えて頂けるとありがたいです。
また、マイペースに翻訳作業していますのでかなりのんびり更新していくのでご了承ください。


前回ベロニークの居場所をさぐるために盗聴器をしかけたショーンさん。
ブライマンから手紙がきましたよ。
何かわかったんでしょうか?

〜ACT-2:Mission-22 Needs Of The Few...Or The One〜


ブライマン:
ショーン、大事な話だ。
ベロニークの居場所の情報がわかった、さらにもっと重要な秘密もな。
オレのところへ来てほしい、このことは誰にも言うなよ。
誰も信用するな。
ブライマンより

何事でしょうか?
とりあえずブライマンの隠れ家へ行きましょう。

 
この中庭の下水の中にブライマンはいます。


ショーン:
なんでいっつも下水道のなかって相場が決まってるんだ?
戦争ってのは汚いビジネスだな。(二重の意味ですね)

マンホールから下におりましょうね。
なんだかinFAMOUSのコールの愚痴を思い出します。


ブライマン:
デブリン、後をつけられてないだろうな?

ショーン:
二度とそんなミスはしないさ。(スローターハウス襲撃のときショーンが尾行されたからバレたんだ、って言われましたからね)

ブライマン:
La Villete(スローターハウスの地区)が襲撃されたのはあんたのせいじゃないさ、ショーン。
誰かがケスラー博士がスローターハウスに潜んでるって告げ口したようなんだ。
そいつはレジスタンスの内部情報に詳しいようだな。

ショーン:
卑劣な裏切り者だな。
もっと早く気づくべきだった。

ブライマン:
さらにもうひとつ。
ベロニークを見つけた。

ショーン:
ベロニークを?どこにいるんだ?

ブライマン:
ナチスはパレスオブジャスティス(建物の名前ですかね?)を政治犯の留置所として使ってる。
ヤツらは…。

ショーン:
はっきり言ってくれ、ヨーゼフ(ブライマン)。

ブライマン:
彼女は処刑される。

ショーン:
なんてこった。
どのくらい時間がある?

ブライマン:
今すぐにでも助けに行かないと。
刑務所の警備をすり抜けるのは難しいがな、でもなんとかできるかもしれない。

ショーン:
どんな方法でもかまいやしない。

ブライマン:
この下水のすぐ外に飛行船の燃料補給所があるんだ。
あんたが侵入できれば、おれがうまいこと飛行船で運んでやるよ。

ショーン:
また飛行船にのれってのか?
なに寝ぼけたこといってんだ、ヨーゼフ?

ブライマン:
これしか方法はない!
補給所の屋上に無線塔がある。
そこまでついたらオレに連絡をよこしてくれ。

〜ACT-2:Mission-22 Needs Of The Few...Or The One〜


さてベロニーク救出大作戦です。
流れとしては、燃料補給所に侵入。
ブライマンと連絡をとって飛行船に乗る。
飛行船で刑務所のある島まで渡る。
ベロニーク救出、といったところ。

まずは下水を出ましょう。

ショーン:
くそったれ。
まるでフランス人どものケツの穴の中を這い回ってるみたいにくせえぞ。

下水ですからくさいのはしょうがないでしょうね。
しかも1940年代の下水…なんかすごくくさそうです。


ショーン:
あれが燃料補給所か。

泳いで渡りましょうかね。
補給所にはテラースカッドが配置されてるので注意。
とりあえず一人倒して敵の武器をうばうかミッション前に強力な銃を用意しておきましょうね。

ショーン:
無線塔が上にあるってブライマンが言ってたっけな。


敵を倒しつつ屋上へ。
全員倒したら無線でブライマンと話しましょう。


ショーン:
ヨーゼフ、聞こえるか?
スタンバイOKだ。

ブライマン:
さすがだな。
偽の命令をドイツ軍の司令チャンネルに送った。
飛行船がそこにくるはずだ。

ショーン:
その後の作戦は?

ブライマン:
飛行船に密航するんだ。
そのまま監獄の上まで連れてってくれる。

ショーン:
そんなイカレタ作戦をたてるなんてお前オレを殺す気か?
状況がわかってんのか?

ブライマン:
まちがいなく成功するって。
でもこの先は手助けできない。
連絡できる時はしてく

さて、なんだか適当な作戦ですがしかたないので飛行船に乗りましょうね。
しばらくは空中散歩です。
ノートルダム寺院やエッフェル塔の夜景でも楽しんでください。


ショーン:
ながめはいいじゃねぇか。
こうしてると平和そのものだが、ベロニークは今も危険にさらされてるんだ。


ノートルダム寺院に着いたら処刑場を確認しましょう。
ベロニークも処刑台に立たされています。


処刑人:
受刑者ナンバー72169、ヘンリー・デランテ。
スパイ活動により有罪。
死刑とする!

ベロニークが殺される前に処刑人を倒しましょう。
マシンガンでも遠いけど何とかなります。


この地区にも色が戻りますね。
さあ下に降りてベロニークを守りましょう。


ベロニーク:
ショーンなの?
どうしてこんなところに?

ショーン:
礼はあとだ。


しばらくするとブライマンがトラックで突っ込んでくるのでそれに乗りましょう。


ショーン:
前の席に乗れ!
後ろは任せろ!

後部の銃座についてスタート。
ここからは逃走ミッションですね。


ショーン:
ブライマン、出せ!

ひたすら撃ちっぱなしでOK。
弾詰まりとかはありませんので。
ただ敵の車両がトラックに近すぎると爆風の影響でダメージをうけるので敵との距離が近い時は注意。
まずは敵の射手を倒しましょう。


ショーン:
くそ!

ベロニーク:
来たわよ!

そのうち戦闘機もやってきます。


ベロニーク:
たいへん!戦闘機の音が聞こえるわ!

ショーン:
空からも追われてるってわけか!

いつもならアラーム5でないと出てこない戦闘機もやってきます。
一応撃ち落とせますがなかなかむずい。

ショーン:
もっとスピードをあげろ、ブライマン!

ブライマン:
やってるよ、これで精一杯だ!

さらに先をふさがれます。


ブライマン:
道をふさがれてる!

ショーン:
まかせろ!

ここも射手を先に撃ってダメージを減らしましょう。

ショーン:
今だ!突破しろ!
くそ、俺たちの運もここまでか。

しばらくすると郊外で車がストップ。

ショーン:
どうした?どうして進まない?

ブライマン:
わからん!
エンストだ!なかなかエンジンがかからない!

ショーン:
なんてこったブライマン、最悪な駐車場を見つけてくれたもんだぜ。

ベロニーク:
替わって。私がやってみる。

ブライマン:
おいおい、なにするんだ…。
なにをしてる?

ベロニーク:
ジュールズが教えてくれたテクがあるのよ。

ショーン:
いいぞ…早いとこおさらばしようぜ!

ジュールズありがとう!とでも言いたい気分でしょうね。
ふたたびトラックは街なかへ。

ブライマン:
ショーン、なんとかヤツらを引き離してくれ!
トラックがもうもたない!

ショーン:
黙ってアクセルを踏んでろ。

そしてなんとか三人は逃げ切ります。

ブライマン:
ここでいったん分かれよう。

ショーン:
オレはベロニークをカタコンベHQに連れて行く。
トラックを処分しといてくれ、後で会おう。

ベロニーク:
ヨーゼフ、ありがとう。
あなたのおかげよ。

ショーン:
車の後ろに(結婚式の時のように)カンでもぶらさがってるみたいに華々しい活躍だったぜ、相棒。

ブライマン:
これで借りは返せたよな、じゃあ。
あとでな。


これで長かったミッションもクリア。
無事ベロニークももどりました。
カタコンベにもどりましょう。

ショーン:
ベロニーク。けがはないか?

ベロニーク:
死ぬかと思ったわ。
本当にそう思ってた。

ショーン:
恥ずべきことじゃないさ、だれだって死ぬのは怖い。

ベロニーク:
怖くなんかないわ。
私は死ぬ覚悟はいつだってできてるの。
その時がきたのよ。

ショーン:
今日という日は俺たち二人にとって何かを得た日になったな。

ベロニーク:
早くここを離れましょう。

車を呼んで移動しちゃえば楽です。
HQを目指します。

ベロニーク:
カスラー博士と娘さんは脱出できたの?

ショーン:
彼らは安全だ。

ベロニーク:
ルックは?

ショーン:
今も君を捜して街じゅう歩き回ってるさ。

ショーン:
そんな気を使わなくてもいいのよ、ショーン。
ルックがあなたをよこしてくれたんじゃないってことぐらいわかってる。

ショーン:
彼はいま難しい立場にいるからな。

ベロニーク:
彼の優先順位はレジスタンスの活動理念が一番なのよ。
そのぐらいわかってる。

ショーン:
オレにとっての優先順位のトップは仲間の命に責任を負うってことさ。

ベロニーク:
ジュールズはあなたみたいな友達がいて幸せだったわね。

さあHQに到着です。
ベロニークに気を使ってルックを持ち上げるショーン。
いいやつだねぇ。
でもルックとの確執は深まりそうです。

次回はいよいよグランプリ開催!

web拍手
Posted by : ナヴェさん | The Saboteur(海外版):テキト〜翻訳シリーズその3 | 12:30 | comments(2) | -| - |
スポンサーサイト
web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | 12:30 | - | -| - |
コメント
このミッションも好きで,セーブデータに残しています.
何回もやってみると攻略方法が見つかります.
| ルカ | 2010/02/03 9:45 PM |

ルカさん:
いいですよねこのミッション♪
もうステルスとか関係なくなってきてますがうまくやればスマートに攻略できるんですか?
翻訳終わったら再チャレンジしたいです!
| ナヴェ | 2010/02/04 10:28 AM |










TOP