初めましてナヴェと申します。
横浜生まれ横浜育ち、みそじも後半のおっさんです。
PS3、PSP、wii、DSを所有。

最近はすっかりモンハンブログ化している海外ゲーム好きなオサーンのブログ。
Powered By 画RSS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< モンハンポータブル3のうわさ? | main | 似た感じのゲーム体験版を2つやってみた >>
クリア後レビュー〜バイオハザード5 オルタナティブ プレイ日記02〜
JUGEMテーマ:ゲーム


オルタナティブでの主な変更点は2つの追加シナリオとマーセナリーズのバージョンアップということになるでしょうか。
マーセナリーズの方はもともとあまり興味なかったので今回の感想はメインシナリオ+追加2シナリオについてです。



まずは追加シナリオ1『Lost In Nightmares』に関して。

クリスとジルがスペンサーの館に侵入するというエピソード。
バイオ5本編でムービーのみの紹介で昔ながらのバイオファンにとっては『これをプレイしたかった…』と思わせてくれたもの。
今回はそれをクリスとジルのコンビでプレイできるというのが売り。


シナリオと言うほどのものはなくいわゆるバイオの序盤っぽいステージ構成。
演出上、敵クリーチャーがなかなか出てこず武器があまり必要ないのに、その割りには序盤でやたら武器がそろうのはファンサービスでしょうか?


洋館、クランク、柱時計、暖炉、地下牢といった初期バイオにお馴染みのものはすべて盛り込まれているところをみてもやはりこの追加シナリオ自体がバイオ5に否定的なファンへのサービスっぽいですね。

でも最初こそ『お、初代バイオの雰囲気を今のHD画質で楽しめるのか♪』なんて思いましたが、せっかくのステージがアクション面や戦闘とあまりリンクしていないのでちょっともったいない感もあり。

しばらく進めないと敵クリーチャーが出てこないのは、廊下の角を曲がるドキドキ感を呼び戻しクリーチャー初登場時のインパクトアップに貢献していますが、ちょっと引っ張りすぎで肩透かしな感じもあります。
(ちなみに難易度ベテランとプロではもう少し早めにクリーチャーが出てくるようですね。)

新クリーチャーのデザインはバイオの世界観にマッチしていていい感じ。
ただリメイクバイオ1のリサ・トレバーにくらべるとシナリオへの関連性が今一つ薄く、活かしきれていない印象。(ま、このシナリオ自体たいして内容がないので仕方ないかな)
このシナリオがもともとバイオ5の本編に組み込まれていたらオリジナル版発売時の評価はもっと高かったでしょうがあまり無理を言ってもアレなのでこの辺で。

一つものすごく好印象だったのはドアを開けて部屋に出入りするときの演出♪
これは新鮮でよかった。
『操作キャラクター=プレイヤーである自分』を強く意識させられましたね。



さて追加シナリオその2『Desperate Escape』はクリスに助けられたジルがBSAAの生き残りであるジョッシュと脱出するお話。
追加シナリオその1が初代バイオのジワジワくる恐怖を演出していたのに対してこちらはバイオ5本編のような数で圧倒される恐怖を描いています。

初期装備はジルがマシンガン、ジョッシュがハンドガンと実に貧弱なのに敵はわんさか出てきますよ。
マーセナリーズが得意な人には面白いのかもしれませんが個人的には『ふ〜ん』って感じですね。

シナリオなんかあって無いようなもんだし、操作性の悪いバイオ5はもともとアクションシューティングに向いてないと思うので。
このあたりは本編をプレイした時の日記にも書いたので引用。

さて、さっそく1時間ばかりプレイしてみて気付いたことが。
発売されてすぐにマイナス評価としてあげられていた『操作感の悪いTPS』という意味がわかりましたよ。

こりゃ確かにやりにくい。
ゲームデザインが完全にシューティングに向いているのに昔ながらの操作方法(R1で構えて□で撃つ)にこだわったことで中途半端な感じがしてしまっていますね。
つまり、アクションアドベンチャーにしてはシューティング要素に傾きすぎていて、シューティング(TPS)にしては移動しながら射撃ができないというアクション性の薄さが目立つといった感じでしょうか。

このことは開発チームももちろん気付いていたようで海外版(体験版)ではデフォルトのキー配置がタイプDになっています。
おそらくバイオハザード5は完全にTPSとして作られたのではないかと。

ナヴェさんは製品版より先に海外用の体験版をプレイしていたのでL1で構えてR1で撃つ、照準は右スティックで動かす、というふうに操作が変わっているのを体験していたので今回の日本版も操作をタイプDに変えてプレイしてみたところ非常にやりやすくなりました。
デフォルトのタイプAだと回りの状況確認がしにくかった(右スティックで視点を動かしても、すぐ正面にもどっちゃうので)のですが海外使用のタイプDなら左スティックは平行移動で右スティックで旋回と視点移動となります。おそらくFPSやTPSに慣れた方ならこのほうがかなり楽なはず。

そうなってくるとなぜ『移動しながら射撃できる=いまやシューティングの基本』システムを採り入れなかったのかという疑問がより強くなりますよね。
もしかしたら『ゲームシステムが大幅に変わったうえに操作方法まで変えたら完全にバイオじゃなくなるのでは』なんて思ったのでしょうか?
もし、そうならば個人的にはその判断は失敗だったのではないかと感じますね。

ここまでシューティングとして設計したのなら思いきってバイオ操作(デフォルトのタイプAのこと)を捨ててしまうべきではなかったのかと。
そうすればTPSなのに移動しながら射撃ができないなんてこともなかったでしょう。
あくまでバイオ操作にこだわったことで左スティックが戦闘中の照準操作にとられてしまったわけですから。

この時と基本的な感想はいっしょですね。
やっぱりシューティングメインのシナリオはつらい。
これがいいんだ!ってひともいるでしょうし否定はしませんが今後のバイオではより操作性をアップしていただきたいところです。(Dead Spaceに負けるな♪)


さて、話は戻りまして、このシナリオはただ敵を倒して進むだけと言っても過言ではないほどのただのTPSなんですが、COOPしたら楽しいだろうな、ってのが感想。

ステージにギミックも仕込まれているし気の合う仲間とボイチャしながらワイワイやったら楽しいでしょうね。
はっきり言ってシングルではパートナーの管理が面倒です。

その点から考えてもパッケージ版とダウンロード販売に時差がありすぎるのが非常に気になるところですね。
もともとフレンドとのCOOP目当てで購入したのに(本編はそのフレンドに借りてプレイしただけだったのでね)フレンドはダウンロード待ちなのでナヴェさんやることなし…。
仕方なくタイム縮めて無限ロケランとったり、アマチュアしかクリアしてなかったのでノーマルとベテランに挑戦してポイントためて無限弾武器を増やしたりしてます。

あと、本編中に追加シナリオが組み込まれていたらもっとよかったんですがね。
クリスがジルを回想するシーンが終わったら追加シナリオその1がスタート、ジルを救出してチャプター終わりで追加シナリオその2が始まる、とかね。
それだと無料なくシナリオの補完が出来てよかったように思うんですが。(ま、クリアタイム管理の問題とかいろいろ出てくるとは思うんで調整がめんどくさかったのかもしれませんが)

総評としてはこのバージョンが最初から発売されていたら90点ぐらいの仕上がりなのに追加販売の方法やいろいろ気になるところがあるので70点ってとこでしょうか。
久しぶりにやり直してみてやはりゲームとしては面白いしクオリティの高さにも改めて関心させられましたね。

ただ、オルタナティブは本編を買ってくれた人がいるから発売されたのにオリジナル版を持っているファンに対して不親切なのはやっぱり気になる。
これはCAPCOMの販売戦略での問題でクリエイターには関係ないんですがね。
せめてダウンロード版もパッケージと同時発売にすべきだったでしょうね。
それが残念。 

でも初めて5をプレイする方には文句無くお勧めできるので買いですよ♪

web拍手
Posted by : ナヴェさん | バイオハザード5 オルタナティブ | 16:34 | comments(2) | -| - |
スポンサーサイト
web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:34 | - | -| - |
コメント
バイオ5の追加エピソード気になってたんですが、洋館ステージは昔のバイオっぽくてよさそうですね。
DLC配信されたら買わねば。

今回のバイオは操作性で色々ありましたけど、自分も良しとは思わなかったですね。
面白いゲームだとは思うんですが、バイオをプレイするちょっと前に『dead space』やっちゃったんで、どうしても比べてしまう…。

この辺は次回作に期待です。
| shiraori | 2010/02/25 12:31 AM |

Shiraoriさん:
私とまったく同じパターンですねw
私もバイオ5の直前にプレイしたのがDead Spaceでした。
それだけに余計に残念な感じが強く、プレイしにくかったですね。
バイオなんだから…と割り切ればそこそこいけるんですが、やっぱり構えながら移動できないのは困りますよね。
| ナヴェ | 2010/02/25 10:52 AM |










TOP