初めましてナヴェと申します。
横浜生まれ横浜育ち、みそじも後半のおっさんです。
PS3、PSP、wii、DSを所有。

最近はすっかりモンハンブログ化している海外ゲーム好きなオサーンのブログ。
Powered By 画RSS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 男たちの挽歌〜ケイン&リンチ デッドメン プレイ日記02〜 | main | 奥さんの立場は?〜HEAVY RAIN プレイ日記02〜 >>
人の思いを体験するエンターテインメント〜HEAVY RAIN プレイ日記01〜
JUGEMテーマ:ゲーム


オープニングの裕福で幸せな白人家庭の典型ともいえる展開から一転して悲しみのどん底に突き落とされる。



重苦しいグラフィックと止むことをしらない雨がよりいっそう悲壮感をかりたてているようだ。

話題のヘビーレインを友人から『とりあえず一度クリアしたけど二回はめんどいし、オレにはあわない』と渡されたので早速プレイしてみました。
アドベンチャーゲームのスタイルをとっているものの、これこそゲーム内キャラクターの心情を追体験するロールプレイングゲームと言ってもいいでしょうね。

恋愛や友情、仕事や家庭、家族、そういった人生経験を積んだ大人ほど深く楽しめるエンターテイメント作品といえます。


だからといってゲーム的にダメなわけではなくPS3のコントローラーをフル活用した操作は一度体験する価値ありです。
シェンムーを世に送り出した鈴木氏がこれをどう評価するのか聞いてみたい気もしますね。

クイックタイムイベントも入力ミス=ゲームオーバーではなくそれすら展開の一部なんだと思わせる作りは好感触。
またゲーム的には『めんどくさい、意味無い』と評価されがちな数々のアクションをあえてプレイさせることでがキャラクターの心情に入り込ませる演出もみごと。

人の話を聞くのにもただ突っ立ってるだけじゃなく隣に座ったりベッドのフレームに体をあずけたり、カベによりかかったり。

別に『やらなくても直接関係ない行動』の数々が積み重なってキャラクターの心情を描写しています。
ここを評価できないとこのゲームは『移動のめんどくさい、ボタン入力がシビアな普通のアドベンチャーゲーム』になってしまうかもしれません。
その点では人を選ぶゲームです。
いわゆる『ゲーム』をしたい方には向かないかもしれませんね。
ドラマを体験するエンターテイメントです、これは。
まだクリアしていないので最終的な評価は先になりますが、今の時点では止め時のみつからないゲームです。

四人の主人公たちの人生を体験しに今夜もヘビーレインの世界に行ってきます。
 
web拍手
Posted by : ナヴェさん | HEAVY RAIN〜心の軋むとき〜 | 21:50 | comments(0) | -| - |
スポンサーサイト
web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | 21:50 | - | -| - |
コメント









TOP