初めましてナヴェと申します。
横浜生まれ横浜育ち、みそじも後半のおっさんです。
PS3、PSP、wii、DSを所有。

最近はすっかりモンハンブログ化している海外ゲーム好きなオサーンのブログ。
Powered By 画RSS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< ステージ01:チュートリアル〜GHOSTBUSTERS the videogame 攻略というほどでもない日記02〜 | main | ステージ02:セジウィックホテル(後半)〜GHOSTBUSTERS the videogame 攻略というほどでもない日記04〜 >>
ステージ02:セジウィックホテル(前半)〜GHOSTBUSTERS the videogame 攻略というほどでもない日記03〜
JUGEMテーマ:ゲーム

GHOSTBUSTERS the videogameのテキト〜な翻訳をしながらプレイ中。
ちなみにPS3海外北米版ソフト使用で難易度はカジュアル(イージー)です。
トロフィー目当ての完全攻略ではなくあくまでもストーリーの把握がメインですので攻略というほどのものではございません。
翻訳のまちがいなどありましたら教えて頂けるとありがたいです。


前回のチュートリアルに続き逃げ出したスライマーを追いかけて次のステージへ。
目的地はセジウィックホテル。

〜ステージ02:セジウィックホテル(前半)〜


用意が良ければ早速Ecto-1に乗り込みましょう。

レイ:
新人くん、いくぞ。さっそく仕事だ。

イゴン:
どこへ行くんだ?レイ。

レイ:
セジウィックホテルさ。
あのデブがまず行くとこといったらあそこしかない。

イゴン:
そうだな、最初にいた場所にもどるだろう。

レイ:
あそこはうまい料理を出すしな。

ピーター:
確かにうまいよな。
ウィンストンがオペラから帰ってきたら、うちらのテーブルにご招待しなきゃな。
おい、新入り!お前だよ!
今夜の実戦で訓練してやる。
あんまりマンハッタンの街並をぶっこわすんじゃねぇぞ。
それも仕事のうちだからな。




ホテルに到着。


支配人:
あの緑のばけもんがまた12階にやってきて、フロアをめちゃくちゃにしてるじゃないか!
今すぐ返金してくれ!

ピーター:
支配人、請求書の内容をよく確認していただけますか。

レイ:
全ての内容を確認してください。

ピーター:
そうです。全てです。
残念ながら前回のゴースト退治の補償期限はつい最近切れてますね。
延長サービスをお勧めしますよ。

イゴン:
PKE値が急激に上昇しているな。
騒ぎは12階に限ったことじゃないようだ。
少しビル全体を調べてみたいな。

レイ:
よしわかった。
出来る限り調べてみてくれ。
緑のおちびちゃんはそれほどたいした問題じゃないからな。


ここからはイゴンをロビーに残してレイとピーターとともに行動します。
エレベーターに乗ろうとすると女性が降りてきます。


ピーター:
やあ、こんにちわ。
もう安心ですよお嬢さん。ゴーストバスターズが来ましたからね。

アリッサ:
どいてよ、用はないの。
何か期待しても無駄よ。

ピーター:
そんな冷たい言い方しても無駄だよ。
あとでわかるさ。

エレベーターで12階へ向う。


レイ:
未来のエースくん、準備はいいかな。

ピーター:
スタンツ博士、一言申し上げてもよろしいでしょうか?

レイ:
ベンクマン博士、なんですかな。

ピーター:
NY市との決めごとにより、人の多い公共の場所ではプロトンパックの電源を切っておかねばいけないのですよ。

レイ:
あと狭い場所でもね。
そうすれば市の負担も最小限に抑えられるし、このホテル側の言ってきた禁止命令にも反しないしね。

ピーター:
近頃じゃ、もし最大チャージしたプロトンストリームを誰かにぶち当てちまったらすぐに訴えられちまうからな…いい世の中だ。
ヤツだ!


そう言ってるそばからまちがってポーターを撃ってしまうピーター。

レイ:
やっちまった。
また告訴されるぞ。

ピーター:
おい、やめてくれよ、レイ!
おれはあの緑色のデブが逃げ出すたびに顔中スライムまみれにしてがんばってるんだぜ!
ヤツはそんなに嫌うほどオレのことなんか知りもしないくせにな。


しばらく進むと通路の奥や階段ホールから物が飛んでくるポルターガイスト現象が起きます。

レイ:
気をつけろ!
やつらだ。

ピーター:
うわあぁ!

すぐに収まるので先に進みます。

レイ:
我々は人々の期待をせおってるんだよ、新人君。
逃げ出すわけには行かないだろ?


そしてスライマー発見。
ルームサービスの食事を飲み食いしてるようです。

レイ:
ようし、ショーの始まりだ。
いいか、ヤツを弱らせて、捕まえる。
プロトンストリームはそのために作られたんだからな。

スライマーにプロトンを撃ち込みましょう。

レイ:
ヤツが逃げた!追うぞ、ピーター!

ピーター:
いいややめとくよ、こんな状況前にもあったぞ。
どんな結末になるのかもわかってる。
お前ら二人で楽しんでこいよ。
おれはエレベーターを確保してレディーたちを安全に送り届けるほうがいいよ。
(多分ピーターはこのパターンだとまた自分がスライムまみれになるから行きたくないって言ってるんでしょうね)

レイ:
わかったよ。
しかし、何かはっきりしない信号をとらえているな。
このメーターはなにか検出すると光とブザーで教えてくれるんだ。
このパラゴーグルはPKEメーターとつながってるからな。
メーターで検出しないと目には見えない物も見えるようにしてくれるんだ。
ゴーストたちの残した跡とかオーラとか、いろいろ見えるんだぜ!



Use Your PKE Meter To Track Down Slimer(PKEメーターでスライマーを追跡しろ)
主人公の腰についているメーターがグリーンに光っています。
これは近くに何かがあることを表しているようです。

このゲームの優秀なところはDEAD SPACEのように画面表示を極力排除しているところだと思います。
背中のパックに体力と武器の温度表示(オーバーヒートを防ぐため)、腰のメーターでまわりに何か調査対象があることを教えてくれています。
これはなかなかいいですね。

△ボタンを押すとPKEモードになります。

レイ:
いいか、中央のバーが上がってピークになっているならお前は正しい方向を捜索しているってことだ。
もしバーがたたまれているならそっちにはなにもない。
ターゲットを真ん中の一番小さい円の中にあわせるんだ、そうすれば完璧にスキャンできる。


真ん中のメーターの反応が大きいほど距離が近く、アンテナのようなバーが上がっているほど方向が正しいという表示のようです。(たぶん)
レイのいる壁に近づいて壁のシミのような物をスキャンしましょう。

レイ:
そうだ!見つけたな!
さっそくスキャンしてみろ。


R2ボタンでスキャンすると調査内容が記録されます。(メニューから内容が確認できる)
このスキャンは今後も多用するのでしっかり覚えておきましょう。
止まっている物は問題ないのですがゴーストのスキャンという要素も出てくるのでそのときはなるべく円の中央で長い時間ゴーストをキープした上でスキャンする必要が出てきます。(左端のメーターを参考にしましょう。スキャンが不十分だとコレクト数にカウントされないので注意)
和風ホラーの名作『零』シリーズをプレイしたことあるかたならカメラの操作が似てるのでわかりやすいはず。(つ〜かパクリっぽいが)

レイ:
赤いシグナルはゴーストが隠れているしるし、グリーンは何か超常現象が起きているしるし、青は重要なサンプルを表しているぞ。

説明してくれていますが赤と緑はおもに戦闘で使います。
青はコレクト要素にからんでくる『Cursed Artifacts』を見つけるのに役立ちます。
プレイ中、腰のメーターが青くなっていたら隠し要素が近くにあるしるしなので周りを調べましょう。

さてまだメーターが赤く反応しているので周辺を捜索しましょう。
どうやらスライマーが隠れているようですね。

スキャンするとスライマーが飛び出します。

レイ:
気をつけろ!
すてきなスナップ写真を撮るような感覚でスキャンするとうまくいくぞ。

さっそくゴーストのスキャンにチャレンジしましょう。

レイ:
目標を射程内にとらえたら、スキャンボタン(R2)を押しっぱなしにしろ。
そうすればゴーストそれぞれのPKEの特徴が解析できる、さらにスピリットデータベース(メニューから見られるゴースト図鑑ですね)にもリンクできるようになるんだ。
有効に活用しろよ。

スライマーが逃げるので追いかけましょう。
すると自販機のあるスペースに着きます。

レイ:
ふう、どうやらヤツはついさっきまでここにいたようだな。

ここでセンサーが青くなっています。
つまりCursed Artifactsが近くにあるってことですね。

この自販機前にあるルームサービスのトレーが1つめのActive Sample(=Cursed Artifacts)です。

ちなみにこのステージには全部で6個のCursed Artifactsが隠されています。
スタートメニューからミッションセレクトを選ぶとクリア済みのチャプターが選べるのですがそこにCursed Artifactsの残り数と、キャプチャーできるゴーストの数が表示されているので参考にして探しましょう。
こちらもいずれ別記事でまとめられたらと思っています。

レイ:
アクティブサンプルは収集しておけ、Cursed Artifacts(呪われた遺物)としてな。
スキャンしたり集めた物は全部追加料金がもらえるんだ。
それを調査や技術発展にフィードバックする。
追加料金をゲットして新しい装備や武器をどんどんテストしてもらうぞ。
どっちにしろお前さんに実験台になってもらうんだがな。
ひとつ覚えておけよ、お前さんはいつでもゴーストバスターズのオンラインマニュアルで武器や装備や操作方法について確認できるんだ。
そのPKEメーターを使ってな。

というわけでスキャンするとお金が稼げるのでなるべく見つけたほうがいいようですね。
それで新しい武器を強化できますし。
さて、ここでピーターから連絡が。

ピーター:
レイ、最悪だ!

レイ:
ピーター!どうした?大丈夫か?
やばい、ピーターが襲われたみたいだ!行くぞ!急げ!
急げ、もっと早く走れないのか?駆け足だ!新人!

○ボタンでダッシュが出来ます。
いそいでピーターのところへ戻りましょう。


レイ:
またスライムまみれになってるぞ!
いそいでこっちにきて助けてやってくれないか?

ピーター:
なんでいっつもこうなるんだ?
オレはエレベーターを確保してただけなのによ〜!
あの活火山やろうめ、こっそり近づいてきやがって。
またやられたぜ。

レイ:
やられたときはお互い様さ。
それがチームワークってヤツだろ。

ピーター:
泣かせるなぁ、友よ。
でもなやられてるだけの時間は終わりだ。
ここからはリベンジだぜ!

イゴン(無線連絡):
すぐにこっちに降りてきてくれないか?
ゴーストがロビーであばれてるんだ。
しかも一匹じゃない。

レイ:
スライマー以外のゴーストだって?
でもこのホテルは5年前にすっかりきれいにしたはずだがな。

イゴン:
でも人は毎日死ぬんだ、ゴーストもでるさ。

レイ:
よし、エレベーターを呼んでくれ。新人。

エレベーターでロビーに戻りましょう。
ちなみにスライムまみれのピーターはこんな感じに…。


エレベーターもいきなり揺れてしまいます。

レイ:
もう十分だろ、スライマー!
だいぶ楽しんだんじゃないか?
エレベーターには手出しするんじゃない!
イゴン、聞こえるか。
エレベーターが立ち往生しちまったみたいだ。
手助けを頼む!

ピーター:
立ち往生だって?
どれどれ…。
ほんとうに止まってるのかな〜?
レイ、キミたちふたりのうちでエレベーターに閉じ込められたことのあるヤツはいるかい?
そんな時のお手本を見せてくれないか…。


どうやら新人君は経験者みたいですねw
そこでエレベーターにさらに衝撃が。

レイ:
くるぞ!

ピーター:
やっちまえ、レイ!

ドアが開くとそこにはイゴンが。

イゴン:
手をかそうか?

ピーター:
いっつもキミにはがっかりさせられるよ、レイ。そうだろ?

さあロビーで戦闘ですね。
スライマーはほっといて新登場のベルボーイゴーストのほうを攻撃しましょう。

レイ:
タマネギ野郎(スライマー)はほっとけ。
赤い帽子をかぶったゴーストは手強いぞ!

ピーター:
かかってこいよ!
NYスタイルのベルボーイじゃねぇか。チップでもくれてやろうか?


協力してゴーストを退治しましょう。

レイ:
突然のPK波動でこのあたりのゴーストが起こされてしまったようだ。
しかしまいったな、ロビーがめちゃくちゃだ!

ピーター:
ウィンストンに電話してオフ返上で手伝いにきてもらってもいいよな?

そこにさらにゴースト登場。


レイ:
まだいたぞ!

ある程度攻撃しているとスライマーとベルボーイが二手に分かれて逃げ出します。

ピーター:
やつら分かれて逃げやがった!

イゴン:
レイ、僕についてきてくれ!
まだ上の階をうろついてるゴーストがいるはずだ。
ヴェンクマン、君たちは出来るだけ早くスライマーを捕まえるんだ。
これほど強いゴースト反応があるってことはいつもどおりの簡単なゴースト退治じゃすまないってことだからね。

ピーター:
イゴンは昼寝してないといっつもあんな風にボス気取りになるんだぜ。

さてここからはピーターとタッグを組んでスライマーを追いかけることになります。
パーティ会場のほうへ向いましょう。

ピーター:
これはハムの蜂蜜仕立て、こっちはリブステーキじゃないか?
(つまみ食いでもしてるのか?)


会場前で支配人と出会います。

ピーター:
ここか。アルハンブラホールってのは。
あのばけもんには似合わないがな。

支配人:
まったくもってそのとおり!
もちろん君たちにもご遠慮願おう。
あと30分後に始まるロドリゲスさまの成人パーティーの準備が整ったところなんだからね!

ピーター:
じゃあ、牛の胸肉料理が今日のスペシャルディナーですかね。

支配人:
君たちはよくやってくれたよ、もう十分さ。
おそらくあの化け物も、どこかにいってしまっただろうしね。
危険は承知の上さ。
でもここには絶対に入れるわけにはいかんのだ!

ピーター:
それを聞いて安心しましたよ。
ようし、撤収だ!
コーヒーブレイクとしゃれこもうじゃないか。
仕事はここまで、終了だ。

スライマーの逃げ込んだホールに入れないのであきらめるのかと思いきや…。

レイ(無線):
ホールには入れなかったみたいだな。

ピーター:
ばかをいうな。
このピーター・ヴェンクマン様を二度もスライムまみれにした上にそのまま逃げられると思うなよ。

レイ:
気をつけてくれよピーター。
エリス島の事件を忘れたわけじゃないだろ?

どうやらピーターは別の入り口からアルハンブラホールに入るようです。
後に続きましょう。

さて結構長くなったので今回はここまで。
後半はまた次回にします。

しかし80年代の映画とはいえ当時の最先端技術をつかったハリウッド映画がいまや家庭用ゲームで楽しめるんですから当時を知っている世代にはたまりませんね。
ゴーストの表現とか映画よりいいんじゃないかなんて思ってしまったりw

web拍手
Posted by : ナヴェさん | GHOSTBUSTERS the videogame(海外版):テキト〜翻訳シリーズその4 | 17:52 | comments(0) | -| - |
スポンサーサイト
web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:52 | - | -| - |
コメント









TOP