初めましてナヴェと申します。
横浜生まれ横浜育ち、みそじも後半のおっさんです。
PS3、PSP、wii、DSを所有。

最近はすっかりモンハンブログ化している海外ゲーム好きなオサーンのブログ。
Powered By 画RSS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 電気ビリビリ♪ | main | ハンターチャンス〜Prototype:攻略というほどでもない日記05 >>
気分はジェームスボンド〜Prototype:攻略というほどでもない日記04
JUGEMテーマ:ゲーム
プロトタイプの攻略&適当翻訳シリーズ。

まず最初に、前回の日記03がチャプター03の途中で終わってましたので追加しました。
追加した分は『Prototype:攻略というほどでもない日記03』を参照くださいませ。

では今日ものんびりといってみます。

チャプター04:Behind The Glass(ガラスの裏で)

ムービー(アレックス独白)
アレックス:

復讐こそがオレの頭の中で唯一はっきりしていることだ。
復讐こそがオレそのものだ。
GENTEK社が鍵だってことは感覚的にわかった。
オレはそこで働いていた。そしてデイナにGENTEKの組織を調べさせた。
そこにはBLACKWATCHの存在があったんだ。
何がオレを変え、記憶を消したにせよ、全てはそこから始まったに違いない。
Blackwatchが消す前にGENTEK社を仕切っていたやつを見つけられればオレの過去がわかるだろう。


?:
それで何が得られると思ったんだ?

アレックス:
何が起こったのかその答えが…。
そして、張本人を責め、罰するための理由が得られると思ったんだ。

正直なところ彼女に会うなんて思ってもなかったさ、見たこともないような地獄があると思ってたんだからな。





MISSION-1:Go To Dana's Safe House(デイナの隠れ家へ行け)

スタート地点から→に従ってすすみ目的地に入ればクリア。

デイナの隠れ家:ミッドタウン西地区

アレックス:
何か見つけたか?

デイナ:
ちょっと!びっくりさせないでよ!もう。

アレックス:
悪かった。

デイナ:
まぁいいわ。で、アパートはどうだったの?

アレックス:
何も残ってなかった。

デイナ:
そう、まぁ仕方ないわ。それより、ずっと兄貴のPCを調べてたの。

アレックス:
PCを?

デイナ:
兄貴が行方不明になって何日かたってから小包で送られてきたのよ。見てちょうだい。

アレックス:
こ、この少女は前にあったことがある。

デイナ:
いいわ、確かなようね。
このファイルには2人しか載ってなかったの。
一人は兄貴で…もう一人はエリザベス・グリーン。
彼女はまだGENTEK社内にいるようね。誰だか知ってるの?

アレックス:
彼女が誰だろうがオレよりはオレよりは色々知ってるはずだ。

デイナ:
あぁ、彼女はただの女の子よ。なんてひどいやつらなのかしら。

アレックス:
思い出せない…。


Blackwatch作戦本部:バッテリーパークのレッドクラウン隊
ランドール将軍:

AXIOMは河を捜索、BRIMSTONEは全区域を包囲、通過するものは全員調べろ。
いいか、日没までには全て終わらせるんだ。

タガート大佐:

しかしながら将軍殿、対象地域には10万もの人間がおります。

ランドール将軍:
言い訳は聞きたくない。やるんだ。

さて、君の部隊にはぴったりの状況だと思うがね、大尉?
現地到着までどのくらいだ?

クロス大尉:

我々は準備万端です。
市内のどこにでも歩兵と車両を15分で向かわせましょう。
恐れながら将軍殿、12万人程度の鎮圧作戦であれば我が部隊だけで十分でありますが。

ランドール将軍:
うむ。しかし事態は悪化しておるのだよ。
大尉、君の部隊はこの鎮圧作戦には参加せんでよろしい。
君にはやってもらいたいことがある。
アレックス・マーサー…そう、コードネーム『ゼウス』を見つけるんだ。

ヤツは新種のウイルスを持っている。さらに私の部下を50人もなぎ倒し、60cmもの鉄板をぶち破って逃げ出した。
どうだ、おもしろいだろう?

クロス大尉:
将軍のおおせのままに。

ランドール将軍:
誰を張り付けにすればすればいいか言わなくてもわかっているようだな。

MISSION-2:Rescue Elizabeth Greene(エリザベスを救出せよ)
2-1:Go To The GENTEK Facility(GENTEK社へ行け)
GENTEK社へ向かいますがマップでわかるようにGENTEKの周りは完全に軍が制圧しています。
なので慎重に近づきましょう。
まちがっても変装もせずにのこのこ正面から行くなんてのはやめたほうがいいと思います。(ま、クリアは出来るかもしれませんが、試してません)
ナヴェさんは屋根の上を飛んでいく方法をとりました。
パワーアップが出来るようになっているのでGlideを身につけ滑空出来るようにすると空を飛んでビルからビルへと渡り歩けます。

その途中でへんな青い光の玉を発見。

なんだろうと近づいてみたら、これはどうやらランドマークコレクタブルというオマケ要素のようです。
市内に200カ所あるらしく、集めるたびにEPがもらえますので出来るだけ探していきましょう。

いろんなとこにありますね。









さて、あるていど近づいたところで変装しておきましょう。

そこら中を兵隊がパトロールしてますから歩きで移動します。

目的地付近についたと思ったのですがなんと目的地はビルの上…。

兵隊がうじゃうじゃいる中カベを駆け上がるわけにもいきませんので、なるべく兵隊の少ない側面から兵隊が向こう向いている間に駆け上がりましょう。

ここにはいればクリア。

アレックス:
あの中に入るのに役立つ重要人物を見つけないとな…。

2-2:Enter The GENTEK Facility Undertected(気づかれずにGENTEK社内に潜入せよ)
さてどうしましょうかね。
プレイしているときは英語がわかってませんでしたのでとりあえず敷地内に入って兵隊の体でもいただけばいいんじゃない?なんて思ってましたのでとりあえずヘリが近くにいない時にジャンプ&滑空♪


アレックス:
やつらはまだ警戒していないようだ、引き継ぎをしてやがる。

敷地内の左手前の屋上に着地。
取り込めるような兵隊を探しますか。

2-3:Locate The GENTEK Facility Commander Within The Facilty Perimeter(敷地内防衛ライン内にいるGENTEKの指揮官を見つけ出せ)

ここで新しいミッションが出ました。
が、プレイ中はよくわかってなかったのでとりあえず近くの兵士を取り込んじゃいます。(気づかれないように後ろからね)




そうしたら偶然にもこの兵士がWEBの持ち主でした。

Web Of Intrigue:1st Lt. Todd Chupka(トッド中尉)

何なんだいったい!何が起こってるんだ?

セル保存エリア(アレックスのいたエリアのことか?)に入ったとたんチーム1の通信が途絶えました。

了解。そこを封鎖しろ。誰もこのビルには出入りしていない。
レベル4での封鎖を要請する。

さて兵士の格好になったので中に入ろうと思い、うろうろして他の兵士も取り込もうと思ったら見事に失敗。
警報が鳴って囲まれちゃいました…。


逃げ回りながらもランドマークゲット。

施設の外に逃げても敵がめちゃめちゃ襲ってくるのであきらめて再チャレンジ。
2-2のビル屋上からやりなおしです。

今度はトッド中尉を取り込んで変身した後、ビルの裏手の公園に1回出て裏口から兵士の格好で堂々とはいるという作戦にしました。

どうやら気づかれておりません。

そのまま敷地内に入れたのでうまく行くかと思ったら急にメーターが黄色く上昇!
なんでなんで?

警報装置もさっきまで緑だったのに黄色くなってるよ!

と思ってたら総攻撃くらいました。
どうやら一般兵にはばれなくても指揮官にはばれるようで。
しかもこの指揮官が2-3で要求された変身対象だったんですねぇ。

でも殺しちゃったよ…。


チュートリアル:Infiltrating Bases(基地への侵入方法)
基地へ侵入するために指揮官を見つけ、取り込もう。
指揮官に変装すれば施設に侵入しても気づかれない

だそうです。
つまり、このスト2のガイルみたいなおっさんを取り込んでいたらばれなかったわけね。
あ〜そうですか。
でも殺しちゃったもんね〜。
もうどうでもいいやとばかりにストレス発散!


気分はすっかり007からランボーになっていたのですが…。

いた!!

ガイル発見!
どうやら双子のようです。
ラッキーとばかりに取り込んですかさず逃げます。

2-4:Enter The GENTEK Facility(GENTEK社に入れ)
とりあえずヘリに見つからないように近くのビルの屋上に隠れてメーターが赤くない状態になるまで待ちます。

で、兵隊のいないところをえらんでビルから降りて徒歩でGENTEKへ向かいましょう。

なんかランボーというよりシュワちゃんみたいね。

でもってさりげなくゲートを通りビルの入り口に入ればやっとこさクリアです。


いや〜つかれたこと。
(うまくやればこんなに戦闘しなくてもいいはずですよ。ま、人それぞれってことで。)

さてここらへんで今回は終了です。

なんだかプレイしてる時間は1時間もないのに日記書くのは倍ぐらいかかってる気がしますよ。
ま、楽しいんですけども。











web拍手
Posted by : ナヴェさん | Prototype(海外版):テキト〜翻訳シリーズその1 | 23:31 | comments(0) | -| - |
スポンサーサイト
web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | 23:31 | - | -| - |
コメント









TOP