初めましてナヴェと申します。
横浜生まれ横浜育ち、みそじも後半のおっさんです。
PS3、PSP、wii、DSを所有。

最近はすっかりモンハンブログ化している海外ゲーム好きなオサーンのブログ。
Powered By 画RSS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 若作りにもほどがある〜Prototype:攻略というほどでもない日記12 | main | 金網デスマッチ〜Prototype:攻略というほどでもない日記14 >>
仮面ライダーで言う所のおやっさん登場〜Prototype:攻略というほどでもない日記13
JUGEMテーマ:ゲーム

チャプター13:Under The Knife(手術)

デイナの隠れ家を出た所からスタートになります。

アレックス:
ううっ、オレの背中が…。まるで何かに食われているようだ。

あいかわらず特殊能力は使用出来ないので戦闘は極力避けましょう。

まずはラグランド医師のいる病院へ。




ラグランド医師の死体安置所:セントポール総合病院@アッパーイーストサイド地区
 
ラグランド医師:
かわった構造物が耳たぶの突起部分にある。寄生した病原体のようだ。(検死中)

アレックス:

ラグランド医師ですか?

ラグランド医師:
お前らと取引はせんと言っただろうが、私の医師としての信念は曲げられん。(アレックスを軍の関係者かなにかと勘違いしているのか?)

アレックス:

(病原体を)埋め込まれてしまったんだ。

ラグランド医師:

なにが望みなんだ?

アレックス:

ウィルスの進行を止めるために力を借りたい。

ラグランド医師:

なぜだ?

アレックス:

オレの体には前兆が出ているってわかるだろう。
だから取り除いてほしいんだ。

ラグランド医師:
私の知るかぎり、まず軍がどこにPatient Zero(0の患者=大元のサンプルのことか?)を隠しているか見つけないといかん。




MISSION-01:Locate Patient Zero(Patient Zeroを見つけろ)
1-1:Locate Blackwatch Specter Forces(Blackwatchの恐ろしい軍隊を見つけ出せ)
目印通りに進んでBlackwatchの駐留地へいきます。

1-2:Hijack APC To Consume A Commander(指揮官を取り込むためにAPCを乗っ取れ)

何も考えずに突っ込んでいってしまいましたがみごとにUAVに引っかかり戦闘に。
でもなんとか指揮官を取り込んでハイジャック完了。

泳いでいるわけではなく助けを求めているようです。(この後すぐアレックスさんによってミンチにされますが)


Web Of Intrigue:1stLt Steven Yarish

スティーブン:リム大尉殿。

リム大尉:
楽にしたまえ。急いで警告を鳴らし、彼らに伝えるんだ。ペンステーションの一団は安全を確保したとな。
私は重武装の部隊を率いてHiveを破壊に向かう。ここを制圧したらGENTEK社に集合せよ。

スティーブン:了解しました。

1-3:Locate Captain Lim(リム大尉を見つけろ)
またまたヘリがいっぱいですよ。
ヘリをハイジャックしてやろうと思ったのですがなかなかできず(アクション苦手…)断念。

スカイダイビングではございません。ハイジャックに失敗したんです。

1-4:Destroy The BlackWatch Specter Vehicles(Blackwatchの戦闘車両を破壊せよ)
ここから戦車もでてくるので奪い取って他の車両を破壊しましょう。

ただヘリを相手にするには戦車はちょっと弱いのでAPCのほうがいいかもです。
ある程度破壊すると増援を呼ばれます。

で、増援もなんとか倒すと(何度も死にましたが)リム大尉のAPCがが目の前を通るのでハイジャックしてリム大尉を取り込めばOK。

Web Of Intrigue:Cptn Eric Lim(エリック・リム大尉)

兵士:
上官殿。マクミューレン医師は死体を市民に引き渡したようです。

上官(ランドール将軍?):

ラグランドに渡したのか?

兵士:
その通りです。上官殿。

上官:
よく報告してくれた。新しい任務を言い渡そう。サンプル、死体、証拠のすべてをラグランドから回収しろ。
そしてAE-One基地に運ぶんだ。

兵士:
ラグランドからですか?

上官:
邪魔しないようならラグランドはほっておけ。
ヤツはもう関わっているんだ、なにもしゃべりはしない。

兵士:
マクミューレンはどういたしましょう?

上官:
そろそろ誰がこの小旅行(この事件全体のこと)を管理しているかわからせてやらないとな。

やはりランドール将軍とマクミューレンは完全に手を結んでいるというわけでもないようですね。
それぞれの思惑のために一時的に協力を装っているということでしょうか。

さてここでこのミッションも終わりです。
早いとこ力をとりもどしてもらって敵をバッタバッタと倒したいですねぇ。
ストレスたまっちゃいますよ〜。


web拍手
Posted by : ナヴェさん | Prototype(海外版):テキト〜翻訳シリーズその1 | 16:13 | comments(0) | -| - |
スポンサーサイト
web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:13 | - | -| - |
コメント









TOP