初めましてナヴェと申します。
横浜生まれ横浜育ち、みそじも後半のおっさんです。
PS3、PSP、wii、DSを所有。

最近はすっかりモンハンブログ化している海外ゲーム好きなオサーンのブログ。
Powered By 画RSS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 新鮮な肉〜Fallout3 プレイ日記01 | main | in Famous 体験版プレイ >>
絶命異次元〜DEAD SPACEプレイ日記01
JUGEMテーマ:ゲーム



FALLOUT3の次に狙っていたのがこのDEAD SPACE。
本体買ってすぐ洋ゲーに手を出すあたりなんかあれですがすごいゲームです。

写真は北米版ですがナヴェさんが購入したのはアジア版なのでパッケージと説明書はすべて中国語。
タイトルもまんま『絶命異次元』…なかなかのセンスです。

EASYモードとはいえクリアしましたので総合評価を…。

ゲーム性:5
操作性:5
オリジナリティー:3
グラフィック:5
サウンド:5
自由度:3
バイオハザー度:5
奥様には見せられない度:5

総合評価:4.5

ゲーム中のグロ表現から残念ながら日本では発売禁止になってしまいましたがこれはすごいゲームです。(発売されたのは去年の秋なのでもう各ブログや攻略サイト、動画サイトなどで十分みなさまご存知でしょうが)


 まずご存じない方のために簡単にざっくりとストーリーを…。

時は近未来、宇宙で鉱物資源を採掘している宇宙船からSOSがあったので主人公を含む調査チームが派遣され(主人公が兵隊でもなんでもなくただの技術者のおっさんってのがまたいい!)現場につくとそこは死体の散乱するひどいありさま。
さらに不気味な生物(このゲームではモンスターをネクロモーフィスとか呼ぶ)の襲撃を受け閉鎖空間でのサバイバルが始まる。

ってな感じです。
まさに宇宙版バイオ。

操作も簡単だし敵を倒すとなぜか弾やお金を落とすというある意味ものすごくゲームっぽいシステムもわかりやすい。

何よりすばらしいのは閉鎖された空間に一人きりだという雰囲気をいやでも感じさせられるところ。(リメイクバイオ1なみに怖かったです)
グラフィックは緻密で常に不気味な音がきこえてくる。
壊れかけた宇宙船のきしむ音、モンスターが天井裏のダクトを移動しているかのような音、BGMも不協和音とノイズがメイン。
ほんとうに一人きりって感じがたまらないです。
バイオ1で角を曲がるの怖かったですよね?あの感じ、まさにこのゲームにはあるんです。

また画面上に体力などのゲージがなく、主人公の宇宙服の背中に表示されるようになっていたり銃の残段数も武器を構えると表示されるのでゲームの世界に入り込めます。(これはすばらしいアイデアでしょう♪)
そしてムービーシーンもあくまで主人公の目線のまんまドラマが展開するので待たされている感がほとんどありません。(これはFallout3でも同じでしたが個人的には好きですね)

数少ない仲間とのビデオ通信もホログラフで表示されるので画面切り替えがほとんどないんですね。(メニュー開くのは自分でアイテムを整理したりする時ぐらいかな)

開発者が『バイオ4を徹底的に研究した』と言っているだけあってプレイ環境は完璧な快適さ。
そして圧倒的な怖さ。すばらしいです。
かつて洋ゲーの名作『Alone In The Dark』などの影響をうけて傑作『バイオハザード』は誕生しました。
そして今『バイオ』を越えるニュースタンダードが海外から生まれたのはなんとも皮肉に感じます。

海外のゲームレビューにもありましたがまさに『バイオの立ち位置がはじめて揺らいだ一作』でしょう。
グロさがあるので(敵モンスターは手足をバラバラに切断しないと死なない、とか人間の死体に寄生するモンスターがいるので宇宙船の乗組員の死体もバラバラにする必要が出てくるとか)万人におすすめできるわけではないのですが一度は体験すべきゲームだと思います。

海外ではWiiでの続編も決定していますし、このチームの新作も発表されているのでますます楽しみです。


本作のプレイには以下のサイトが大変参考になりました。
翻訳してくださったみなさまありがとうございました。
Dead Space@wiki

web拍手
Posted by : ナヴェさん | DEAD SPACE(海外版) | 12:40 | comments(0) | -| - |
スポンサーサイト
web拍手
Posted by : スポンサードリンク | - | 12:40 | - | -| - |
コメント









TOP